http://ur0.link/B7U6    
今回使ったデッキの詳細はリンク先にあります。

ビショップのカードは序盤に大きなフォロワーを出されてしまうと除去がしづらい局面が結構あったりしますね。
そういう局面を打開してくれるのが神魔裁判所であったり
3以下になるまでダメージを与えて漆黒の法典で消滅させるなど
または、エイラの祈祷でのバフをかけて倒せるまで強化する等の対応で倒す事ができるようになります。
今回はランプドラゴンが相手でしたが、ロイヤルなら進化したアルベールを除去できなかったり
こちらが手札事故を起こしてしまった場合のエルフなら、大きくなったエンシェントエルフの攻撃によっていきなりピンチな場面という展開だけは防ぎたいと思います。

エイラの祈祷や漆黒の法典、ドローと回復が行える僧侶の聖水等はマリガンでキープしておきたい所。
詠唱:獣姫の呼び声や詠唱:聖なる願いも優先的にキープしておきたい。
※相手がウィッチの場合、低コストアミュレットは虹の輝きで手札に戻されるため、ヒーリングエンジェルをキープできると回復しながら有利トレードできる場面が多いです。
他のデッキでは熟達の調教師を採用していまして、悪くない動きをいつもしてくれるのでまたこのデッキにもいれて調整してみたいと思ってもいます。

鉄槌の僧侶とエンシェントレオスピリットの枚数は1枚と2枚
今の環境だとレオスピリットの方が刺さる場面が多いのですが、相手を消滅させる事ができる鉄槌の僧侶の方が良い場面がネクロマンサー相手だと多く
終盤のモルディ・カイやカムラに対して有効なのでその辺りを意識してやると負けづらくなると思います。

バハムートも採用してありますが、最終的にはサタンのアポカリプスデッキとなってのリーサル狙いになります。
願いを8ターン目に設置し、アポカリプスデッキとなったターンに3枚ドロー狙いや
バハムートをだし翌ターンに 沈黙の魔将とのリーサル等を狙うコンボもできたりします。
サタンデッキは横並びに弱く、相手も全力で迎え撃って展開してくるので、盤面の一層でもバハムートが有効になります。
また、守護の陽光もあるので、相手によっては盤面を埋めてしまうので場にはださず
終盤に場にだす事でサタン自身に守護をつける事によってサタン自身が横並びに弱いという弱点を減らす事もできるようになります。
基本はエイラによるプレイ中心で手札によって色々な戦い方へ切り替えていけるデッキですね。 
苦手とするデッキは次元の超越となります。
ワンターンキルを狙ってくる敵に対しては積極的に攻めていく方が勝率が高くなり、コントロール相手には臨機応変に対応する方が勝率が高くなります。